大学生の有意義な暇つぶし方法まとめ

大学生は勉強系メディアの記事執筆のアルバイトとかなり相性がいいと思う

こんにちは、機械系大学生のしゃるです。

私は現在線形代数に関するメディアの記事執筆をさせていただいてます。

もともとブログをやってて書くことも好きだったし、お金も稼げるし良いのでは?ということで始めたのですが、これがなかなか大学生にはオススメ。

というのも勉強系メディアの記事執筆って大学生の勉強内容をそのまま活かせるし、他にも身につくスキルがたくさんあるんですよね。

今回は大学生なら勉強系メディアの記事執筆で稼いでみたら?っていうお話です。

しゃる

自宅で稼いでみたい、自分のスキルを上げたいっていう人はぜひ読んでみてね

そもそも勉強系メディアの記事執筆って?

いきなり勉強系メディアの記事執筆って言われてもよくわからないですよね。

例えば僕がやっているのは線形代数に関するメディアの記事執筆。

大学で勉強するような線形代数の内容を初学者にもわかりやすいように丁寧に解説する記事を書いています。

【PR】僕がライターを務めさせていただいている線形代数メディアをご紹介!

お金を稼ぐ仕組みとしてはとてもシンプルで、パソコンで記事を書いてその対価として報酬を受け取るというもの。

基本的にパソコンとネット環境さえあればいつでも仕事ができてしまうのでとてもお手軽なんですよね。

そんな勉強系メディアの記事執筆ですが、大学生とはとても相性が良いんです。

勉強系メディアの記事執筆は大学生と相性が良い

僕がなんでこのように思うかというと、主にこれらの理由があるから。

相性が良い理由
  1. 大学の勉強内容をそのまま活かせる
  2. 始めるまでのハードルが低い
  3. 時間と場所にとらわれない
  4. 文章を書くスキルを鍛えられる

大学の勉強内容をそのまま活かせる

僕の場合は線形代数でしたが、勉強系のメディアってそれだけじゃないんですよね。

微分積分や物理、化学、英語、歴史、地理など例を挙げればキリがないです。

なので文系理系にかかわらず誰でも今まで勉強してきた内容を活かせるんです。

これってかなりお得じゃないですか?

だって今まで勉強してきたことを活かしながらお金も稼げるんですよ?

あと勉強内容だけじゃなくて実際の受験勉強の経験だったり予備校に通った経験も記事にすることが可能。

学生って一日のうち勉強に多くの時間を割いているので、このような勉強系メディアとの相性はとても良いのかなと。

僕も実際にお仕事していてそれを感じますね。

始めるまでのハードルが低い

でもこういうお仕事って始めるまでが結構面倒だったりするんじゃないの?

しゃる

そんなことないよ!実は始めるまでのハードルはとても低いんだ。

意外かもしれませんが、実は今すぐにでも始められるくらいお手軽なんです。

お仕事を始めるにはクラウドソーシングサービスを利用します。

これはお仕事を受注したい人とお仕事を依頼したい人をマッチングさせるサービス。

このサービスに無料で登録すれば今すぐにでもお仕事を受注して始めることができるんです。

クラウドソーシングサービスにはいくつか種類がありますが、僕が利用した中で特にオススメなのがクラウドワークスShinobiライティング

どちらもかなり案件の多い大手のクラウドソーシングサービスで登録は無料。

これらのクラウドソーシングサービスに登録してどのような記事執筆依頼があるか見てみると良いですね。

Shinobiライティング

クラウドワークス

時間と場所にとらわれない

大学生なら誰しもこんな経験ないですか?

この日はみんなと遊びに行きたいけどバイトだから行けない。。。

アルバイトってあまり時間的な融通が利かないので予定が被ってしまうとどうしてもアルバイトを優先しないといけないっていうことが結構あるんですよね。

でも勉強系メディアの記事執筆だったらこのようなことはありません。

ネット環境とパソコンさえあれば基本的に記事は書けるので時間と場所を選ばないし、自分のペースで仕事を進めることができます。

しゃる

これなら融通が利くからプライベートの予定も優先できるね!

授業の空きコマとか暇な時間にサクッとお仕事ができてしまうのはとてもお手軽だしかなりオススメですね。

文章を書くスキルを鍛えられる

意外なんですが、文章を書く機会って結構多いです。

例えば大学生ならレポートやESを書く機会は多いはず。

社会に出れば企画書やメール、様々な書類を書かないといけないこともあります。

このような場面で文章を書くスキルって必ず求められるんですよね。

ただ、このスキルって文章を書いていくことによってしか鍛えられないので意識的にたくさん文章を書いていくしかないんですよ。

そんな文章を書くスキルを鍛えられるのが勉強系メディアの記事執筆。

難しい勉強内容をわかりやすく解説するって意外と難しいのでかなりスキルは身につくのかなと。

お金を稼ぎながらスキルも身につけられるのでかなりコスパ良いですよね。

勉強系メディアの記事執筆依頼の受け方

ここからはお仕事の受け方のお話。

僕は個人的に記事執筆のお話を頂いたのですが、もちろん先ほど紹介したようなクラウドソーシングサービスを使ってお仕事を受注することもできます。

お仕事を受ける手順は以下の通り。

  • 手順1
    クラウドソーシングサービスに登録する
    登録は無料で、数分で終わるようなものです。
  • 手順2
    案件の中から受注できそうなものを選ぶ
    たくさんある案件の中から勉強系メディアの記事執筆依頼を探す。検索機能を使うとすぐに見つけることができると思います。
  • 手順3
    お仕事を受注する
    あとはお仕事を受注して実際に記事を書くだけです。

たったこれだけの手順なので、履歴書出して面接を受けてからお仕事をするような普通のアルバイトに比べればかなりお手軽ですよね。

Shinobiライティング

クラウドワークス

さいごに

勉強系メディアの記事執筆ってなんかハードルが高そうなイメージですが、ここまで読んでもらえれば分かる通り、始めるハードルはかなり低いです。

あと、自分の知識や経験を活かしながらお金を稼ぐって結構楽しくて僕は好きなんですよね。

普通のアルバイトは自分の時間をお金に変えるわけですが、記事執筆は自分の知識や経験の対価としてお金をいただくことになります。

このようなお金の稼ぎ方を経験しておくのはとてもいい経験なのかなと!

もしも興味があれば皆さんもぜひ始めてみてください!

Shinobiライティング

クラウドワークス