大学生の有意義な暇つぶし方法まとめ

CAEを勉強するなら読んでおくべき参考書をまとめてみた

大学で機械工学を学んでいるしゃるです。

機械系の人間ならば材料の応力解析などの様々な解析をする能力は多くの場面で求められます。

このようなCAEを使いこなすためにはある程度の慣れが必要になってくるわけですが、独学するには難しい部分も多くあります。

「独学に使える参考書があれば、、」

ということで今回はCAEを勉強するときに役立つ参考書をまとめてみました!

<解析塾秘伝>CAEを使いこなすために必要な基礎工学!

CAEの難しさって解析結果をしっかり吟味することにあると思います。

仮に解析ができたとしてもその結果が本当に妥当なものなのか、正しい結果なのか判断できなかったらそれは意味が無いんですよね。

そんなときのために必要な基礎工学が学べるのがこの本。

材料力学や伝熱工学、樹脂成型の基礎、構造解析、熱伝導解析、樹脂流動解析活用ノウハウを学ぶことが出来、設計でCAEを活用するために必要な設定や評価方法が分かりやすく解説されています。

強度検討のミスをなくすCAEのための材料力学

こちらは材料の強度解析に焦点を当てた参考書。

CAEを使って強度解析をするために必要な材料力学の知識を学べます。

強度計算をしているとなかなか期待通りの結果が得られないことってたまにあると思うんですけど、それがどうしてなのかがこの本を読むと理論的に理解できるのではないかと。

材料力学の参考書はたくさんあるんですけど、CAEの内容に特化した内容はこの参考書がベストだと思います!

<解析塾秘伝>非線形構造の学び方!非線形有限要素法を正しく使うために必要な基礎知識

こちらも解析塾秘伝シリーズから。

非線形構造と聞くと一見難しそうなイメージを持ちがちですが、この本ではとても丁寧に解説されています。

非線形構造の解析を有限要素法を用いて行うための必要な知識が分かりやすくまとめられていますね。

グラフなどを多用しながら理論的に解説されているのでしっかりと理解しながら読み進めることが出来ます。

有限要素法・要素分割の勘どころ

解析をするにあたってかなり重要になってくるのがメッシュの切り方。

解析であまり重要でない部分は少ないメッシュで、重要な部分は細かいメッシュで解析することが重要になってきます。

場合によっては現物と少し形を変更して解析数値計算にかけることもあります。

しかしこれが難しいんですよね。

なぜならメッシュの切り方や解析のための形は解析結果に直結するから。

しかしこの本ではどの要素を使い、どのようにメッシュを切るかということに焦点を当てて丁寧に解説されています。

例題を使いながら解説されているのでわかりやすいのがポイント!