クリスマスギフトは決まった? おすすめギフトはこちら

自動車の仕組みを知るなら読んでおきたいおすすめ本徹底まとめ!

こんにちは、しゃるです!

私は自動車が大好きで、今まで30冊以上の自動車に関する本を読んできました。

モータースポーツや市販車は問わず、色々な本を読んできましたが、特に自動車の仕組みを解説した本はたくさん読んできたと思っています。

今回はそんな自動車の仕組みを解説した本の中で特におすすめしたい本たちをまとめてご紹介!

しゃる

自動車に興味があるすべての人の参考になれば嬉しいな!

ではさっそくいきましょう!

自動車の仕組みに関する本たち

自動車の仕組みを解説した本と言っても種類は様々。

全体的な構造を解説しているものもあれば、エンジンや足回りに特化した本、イラストを重視したものなどたくさんあります。

なので今回はこれらの種類別に紹介していきます。

まずは全体的な構造編から。

全体的な構造編

ここでは自動車の種類分けから始まり、エンジンや駆動系、車体、足回りなどの個々の仕組み、自動車の作られ方など自動車について全体的に解説したものをご紹介。

ダイナミック図解 自動車のしくみパーフェクト事典

まず最初に紹介するのがこちら。

パーフェクト事典と言うだけあってまさにパーフェクトな内容です。

自動車のFFやFR,4WD,SUVといった種類分けから始まり、各種パーツの解説、燃料電池車やバイオ燃料を用いた車など次世代の自動車に至るまで、自動車の幅広い知識が全てこの本には詰まっていますね。

各パーツの解説では見開き1ページにイラストとともに分かりやすくまとめられており、イラストはすべてカラーなので実際のパーツのイメージも掴みやすいです。

しかも実際のパーツってなかなか見ることが出来ないので、読んでいてとにかく楽しいんですよ。

しゃる

正直、自動車の基本的な仕組みを知るならこの本一冊で完璧だと言えるくらいのクオリティ。

自動車の詳しい仕組みにさらに興味を掻き立ててくれるような一冊になってます。

史上最強カラー図解 プロが教える自動車のすべてがわかる本

こちらの本も豊富なカラーイラストとともに自動車の仕組みを分かりやすく解説したもの。

先程紹介したパーフェクト辞典との違いを上げるとすれば、こちらの本では自動車の作り方まで紹介しているという点ですかね。

実際に自動車の生産現場を見学したりしたことがある方なら分かると思うのですが、生産ラインを使いながら人の手とロボットを使って効率よく生産しているんですね。

ロボットが匠に溶接やパーツのマウントをしていく様子は圧巻です。

そんな自動車生産の裏側まで覗けてしまうのがこの本の面白いところ。

しゃる

もちろん自動車の仕組みや最新技術についても分かりやすく解説されているよ。

トコトンやさしい電気自動車の本

電気自動車について詳しく知りたいならこの一冊。

最近はハイブリッド自動車だけでなく、電気自動車もどんどん普及してきて、将来的には電気自動車が大半を占める自動車社会もやってくるのではないかと予想されます。

二酸化炭素も排出しないため、環境にも優しいと言われている電気自動車ですが、いったいどのような仕組みで走っているのか?

この本では電気自動車の要素・技術解説からエネルギーインフラ、他のエコカーとの性能比較までイラストを使いながら幅広く解説。

「トコトンやさしい」という題名の通り、初めて電気自動車について学ぶ人でも分かりやすい解説になってます。

しゃる

これから普及していく電気自動車について詳しく知っておくと役立つことも多いかもね!

エンジン編

さて、ここからは自動車エンジンに特化した本たちをご紹介。

これまで紹介してきた本たちもエンジンの構造については解説していますが、ここからはより深くエンジンについて知りたい人向けになってきます。

分かりやすさを重視したものから少し専門的なものまで幅広く紹介していきますね。

トコトンやさしい自動車エンジンの本

こちらも「トコトンやさしい」シリーズから。

エンジンって実は直列や水平対向、V型など様々な種類があり、気筒数によっても変わってくるんですね。

この本ではまずエンジンの種類分けから始まり、エンジンの仕組み、各パーツの役割、各種エンジンの特性など基本から少し詳しい部分まで解説。

自動車エンジンの入門書としてはかなり分かりやすい本になってると思います。

実は私自身も自動車エンジンについて詳しく知るきっかけを作ってくれたのがこの本でした。

しゃる

エンジンについて詳しくなかった私でも楽しく読めたので自身を持っておすすめしたい!

図解 自動車エンジンの技術

「エンジンについてある程度は知っているけど更に詳しく知りたい人」におすすめしたいのがこちらの本。

この本の大きな特徴はエンジンの熱サイクルについて詳しく解説しているところ。

例えばレシプロエンジンのオットーサイクルや熱効率についてなど、大学の熱力学で学ぶような理系チックな内容についてもイラストともに詳しく解説されています。

なので初めてエンジンの仕組みを学ぶ方にはあまりおすすめできません。

しゃる

読むために少し専門性が必要とされるね。

また、F1や世界耐久選手権のマシンなど、モータースポーツエンジンについても触れられているのが面白いところ。

カラーイラストも豊富に使われているので、自動車エンジンについて詳しく知るなら間違いなくおすすめしたい一冊ですね。

ガソリンエンジンの高効率化ー低燃費・クリーン技術の考察

かなり技術的な内容ですが、エンジンの高効率化に向けた技術が詳細に解説されているのがこの本。

エンジンにはエネルギーをより効率的に使うために様々な技術が使われています。

可変バルブタイミング機構やEGR、気筒休止システムなどはその代表例ですね。

エンジンを効率的に使うことが出来れば燃費を向上させることができ、使う燃料も減らすことが出来るのですが、今この高効率化は自動車エンジンにすごく求められています。

エンジンの基本構造を理解していて、さらに発展的なことを知りたいならこの本を読んでみると面白いかもしれません。

しゃる

機械工学の知識も求められるけど、内容的にはかなり面白いよ。

足回り編

続いては足回り編。

実は自動車の足回りについて解説している本ってあまり無いんですが、足回りは自動車の操縦性や安心性を左右するとても重要な部分です。

きちんと知りたい!自動車サスペンションの基礎知識

足回りと一言に言ってもサスペンションやデフ、タイヤ、ブレーキなど様々なパーツから成り立ってます。

この本はそんな足回りについて幅広く知ることが出来るのが最大の特徴。

主にサスペンションの種類や構造について詳しく解説していますが、先程あげたデフ、ブレーキ、タイヤなどについても触れられています。

また、キャンバーやトーなどセッティングに関わるアライメントの解説もあったりして面白いですね。

レビュー記事も書いているのでこちらも参考にしてみてください!

【おすすめ本】サスペンションの構造について知るなら「きちんと知りたい!自動車サスペンションの基礎知識」を読んでほしい

イラスト重視ならMotor Fan Illustrated

イラスト重視で自動車の仕組みを知るならおすすめしたいのがMotor Fan illustrated。

自動車雑誌としてはかなり有名ですよね。

名前にillustratedと言うだけあってイラストの数はかなり多め。

毎回エンジンやサスペンション、車体の空力など一つのトピックに的を絞って、イラストと共に分かりやすく解説していくというスタイルの雑誌で、基本から少し複雑なところまで幅広く解説。

また、雑誌なので最先端の技術を内容に取り入れやすいのも特徴。

しゃる

本だとどうしても出版してしまったらそれっきりになってしまうので、そこは雑誌のメリットだね。

AmazonのKindle Unlimitedを使えば無料で読める

このMotor Fan illustrated,実はAmazonの電子書籍サービス「Kindle Unlimited」を使えば無料で読めてしまうんです。

Kindle Unlimited自体は月額980円なのですが、初めは30日間の無料体験期間が設けられているので、その期間を利用すれば実質無料で読めてしまうということですね。

退会も簡単に出来るので、とりあえず登録してみて試し読みしてみるのも良いかも知れません。

Kindle UnlimitedでMotor Fan illustratedを見てみる

モータースポーツ編

ここからはモータースポーツに関わるマシンたち(いわゆるレーシングカー)の仕組みについて知れる本をご紹介。

レーシングカーって市販車と違って超高速で走ったり曲がったりするので、技術的に求められるレベルが全然違うんですね。

そんなレーシングカーの仕組みを知ればきっとモータースポーツにも興味を持てるはず。

F1マシンの秘密(図解雑学)

地上を走る戦闘機と言われるF1マシン。

その速さは1周5.8kmのサーキットを1分27秒で走ってしまうほど。

そんなF1マシンには速く走るための最新技術が結集されています。

この本ではF1マシンの仕組みをエンジンや足回り、空力、車体などの項目に分けて分かりやすく図解。

私もF1が大好きで色んな本を読んできましたが、これほど分かりやすく解説した本は他になかったですね。

間違いなくおすすめしたい一冊です。

F1テクノロジー考( – F1機械工学大全 – 第2弾)

こちらもF1マシンの技術を解説したもの。

先程の本と違うのは、こちらのほうが最新の技術を解説しているという点。

F1マシンは技術の変遷がとても早いので毎シーズンごとにどんどん技術が進化しています。

そんなF1マシンの最新技術について解説しているのがこの本で、図も豊富に使われてます。

特に近年はパワーユニット(エンジン+エネルギー回生システム)の進化が大きかったので、この本でもパワーユニットについて多くページが割かれていますね。

少し専門的な内容を含むのであまりF1に詳しくない人にはおすすめできませんが、モータースポーツに興味のある方にはぜひ読んでほしいですね。

Motor Fan illustrated特別編集 ル・マン/WECのテクノロジー2018

世界三大レースの一つであるルマン24時間レースで2018年に見事優勝したトヨタ。

日本でもかなり話題になりましたね。

ルマン24時間レースは世界耐久選手権(WEC)というレースカテゴリーに含まれる一戦で、速さと耐久性が求められます。

そんなWECのマシンの技術について解説したのがこちらの本。

主にトヨタのマシンの解説がメインですが、WECのマシンの技術力の高さは十分感じられるはずです。

こちらもMotor Fan illustratedなので、Kindle Unlimitedの無料期間を利用すれば無料で読むことが可能。

ぜひWECの技術に触れてみてください。

Kindle UnlimitedでMotor Fan illustratedを見てみる

チューニング・メンテナンス編

自動車が好きな人であればチューニングやメンテナンスを自分でしてしまう人もあるかもしれません。

主に雑誌でこれらのトピックについて紹介している場合も多いですが、今回はまとまった知識を身につけられる単行本を紹介していきます。

きちんと知りたい!自動車メンテとチューニングの実用知識

先程足回り編でも紹介した「きちんと知りたい!」シリーズから。

メンテナンスやチューニングをすると言っても「どうしてそうするのか?」「そうするとどうなるのか?」という部分をしっかり理解していないと、思うようなメンテナンスやチューニングは出来ません。

この本では車を安全に乗り続けるためのメンテナンスや主に足回りや給排気についてのチューニングについて「どうしてそうするのか?」という部分を含め体型系的に解説。

仕組みをしっかり知ることが出来る内容構成になっているので実際に車を触るときに「使える」知識を身につけることが出来るということですね。

イラストも187点と豊富に使われているのも理解を助けてくれる嬉しいポイント。