自動車エンジンの仕組みを勉強するなら読んでおきたいおすすめ本たち | しゃる日記
大学生の有意義な暇つぶし方法まとめ

自動車エンジンの仕組みを勉強するなら読んでおきたいおすすめ本たち

こんにちは、しゃるです!

個人的に車が大好きということもあり、普段から車の仕組みを勉強できる本をよく読むんですが、エンジンに関する本もよく読みます。

自動車エンジンの本には図解したものや雑誌などたくさんありますが、今までたくさんの本を読んできました。

今回はその中でも僕がおすすめする分かりやすい自動車エンジンの本をご紹介。

しゃる

初心者に分かりやすいものから少しコアなものまで幅広く紹介していくよ!

ダイナミック図解 自動車の仕組みパーフェクト辞典

自動車の仕組みパーフェクト辞典の評価
分かりやすさ
(5.0)
読みやすさ
(4.5)
詳しさ
(4.0)
総合評価
(4.5)

こちらはエンジンに限らず自動車全体の仕組みを解説した本なんですが、分かりやすさがピカイチなのでご紹介。

おそらく自動車の仕組みを解説した本の中で一番分かりやすいと言っても過言じゃないのではないしょうか?

中身はすべてカラーで写真もとにかく豊富。

自動車部品一つ一つが見開き1ページにまとめてあり、分かりやすさと読みやすさが両立されてます。

■知りたいことが素早く理解!
基本的に1ページまたは見開きで内容が完結しています。手っ取り早く、
気になるところだけを理解することも可能です。

もちろんエンジンについても、直列や水平対向などの種類からその仕組み、各部品の役割まで解説されているのでエンジンについて知りたい人にもピッタリかなと。

しゃる

僕も自動車の基本的な知識はこの本で知ったけど、部品の写真がたくさんあってイメージしやすかったね!

一見複雑そうな自動車エンジンを分かりやすく紐解いてくれる、そんな1冊ですね。

トコトンやさしい自動車エンジンの本

トコトンやさしい自動車エンジンの本の評価
分かりやすさ
(4.0)
読みやすさ
(4.0)
詳しさ
(4.5)
総合評価
(4.0)

お次は「トコトンやさしい」シリーズから。

この本の特徴を一言で言えば「ゆるいイラストとやさしい解説」

エンジンの種類や中の構造、部品がゆるいイラストで描かれており、解説も「トコトンやさしい」と言うだけあって分かりやすいですね。

現代文明の象徴のひとつといわれる自動車。この自動車にはさまざまな種類のエンジンが搭載されている。本書はそのエンジンの機構・構造や種類、特性などをわかりやすく解説した自動車エンジンの入門書。エンジンを理解する恰好の足掛かりとなる内容となっている。

個人的には先程の「自動車の仕組みパーフェクト辞典」を読んだあとにこの本を読むとかなりエンジンへの理解が深まるかなと思います。

しゃる

パーフェクト辞典でざっくりエンジンの仕組みを知って、この本でより詳しい部分を知っていくイメージかな!

図解 自動車エンジンの技術

図解 自動車エンジンの技術の評価
分かりやすさ
(4.5)
読みやすさ
(4.0)
詳しさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

「エンジンのコアなところまで知りたい!」という方にはこちら!

中はすべてカラーで写真も豊富なのですが、1番の特徴は熱力学的にエンジンの仕組みを解説しているところ

例えばエンジンのサイクルだったり、熱効率などかなり理系チックな内容。

■エンジン技術の進化がこの一冊でわかる!
発明当時のエンジンからはじまり、4サイクル、ロータリー、ミ
ラーサイクル、過給ダウンサイジング、過給ディーゼル、ハイブリ
ッド、燃料電池まで、自動車エンジンの進化をしっかり解説しまし
た。

なので初めてエンジンの仕組みを知る人には少し取っつきにくい内容かなと思います。

しゃる

エンジンの仕組みはある程度知っているけど、もっと詳しく知りたい!という方にはオススメだね。

また、この本ではF1マシンのエンジンなど競技車両のエンジンについても触れられているので市販車のエンジンとの違いを知ることが出来るのも面白い点かなと。

F1マシンの速さの理由を知りたいなら読んでおくべきおすすめ本6選

Motor Fan illustrated

Motor Fan illustratedの評価
分かりやすさ
(4.5)
読みやすさ
(4.5)
詳しさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

自動車雑誌として有名なMotor Fan illustrated。

今回はその中からエンジン特集が組まれているものをご紹介。

今まで紹介してきたのは本だったのでエンジンの仕組みを理解することには長けているんですが、どうしても最新のエンジン情報は載っていないんですよね。

もしも「これからのエンジンの動向だったり最新技術を知りたい!」という方には間違いなくMotor Fan illustratedがおすすめ。

カラーでエンジンの写真がたくさん載っているので眺めているだけでも楽しいんですが、もちろん技術的なお話も詳しく解説されてます。

また、AmazonのKindle unlimitedというサービスを使えば無料で読めてしまうのも嬉しい点。

Kindle unlimitedは通常なら月額980円ですが、初回30日間の無料期間があるのでその期間を利用して読んでしまうとお得ですね。

しゃる

無料で自動車雑誌が読めるなんて最高だね!

Kindle UnlimitedでMotor Fan illustratedを読む!

ガソリンエンジンの高効率化ー低燃費・クリーン技術の考察

◯◯の評価
分かりやすさ
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
詳しさ
(5.0)
総合評価
(4.0)

最後に紹介するのが「ガソリンエンジンの高効率化ー低燃費・クリーン技術の考察」。

こちらは近年の地球温暖化対策として挙げられる低燃費やクリーン技術について詳しく解説したかなりコアな内容になってます。

かつては成熟した技術といわれたガソリンエンジンは、直噴の普及と、バルブコントロールなどの各種機構との協調により、急速に改良されている。本書では、主要な機構について多数の図版を用いて多角的に解説する。

正直かなり技術的な内容なのでエンジンの仕組みをしっかり理解している方にしかおすすめできないのですが、近年のエンジン高効率化技術について知りたいなら間違いなくおすすめしたい1冊。

しゃる

可変バルブタイミング機構やEGR、気筒休止システムなど、高効率化の技術的お話がたくさん載っているよ

かなりマニアックですが、興味のある方はぜひ。

車の仕組みを勉強するなら読んでおくべきおすすめ本7選 F1マシンの速さの理由を知りたいなら読んでおくべきおすすめ本6選