クリスマスギフトは決まった? おすすめギフトはこちら

ただの理系大学生がデザインを独学で勉強してみた!

こんにちは!理系大学生のしゃるです。

個人的にデザインって結構興味があって、最近デザインの勉強をしています。

以前こちらの記事でもデザインを勉強しているという話はしました。

ただの理系大学生が独学でPhotoshopを勉強してみた

でもPhotoshopの勉強がメインになってしまっていて、デザイン自体の勉強はあまり出来てなかったんですよね。

そんなことで、もう一度デザインの勉強を再開!

今回はそんな理系大学生しゃるがデザイン独学してみたよってお話です。

なんでデザインの勉強?

デザインってかなり応用範囲が広いですよね。

ざっと思いつくだけでもデザインの知識ってこんなに多くのところで使われてます。

  • パワポを作るとき
  • ブログを書くとき
  • チラシを作るとき
  • 名刺を作るとき
  • レポートを書くとき

ここではレイアウトとかも含めてデザインとして考えていますが、そう考えてみるとデザインの知識って結構たくさんの場面で関係してきます。

しゃる

ってことはデザインの勉強ってかなり役に立つのでは、、?

もちろん単純にデザインに興味があるっていうのもあります。

「これ俺がデザインしたんだよ。」とか言えたらかっこいいし。(笑)

実は過去にもPhotoshopを使ってパソコンの壁紙とかを自分で作ったりもしています。

CAT STYLE-min

他にも友達のバースデーカードをデザインしてみたり、CDの表紙を自分でデザインしてオリジナルのCDを作ってみたりもしましたね。

こうやって自分だけの作品を作れるのもデザインの楽しいところですよね。

おすすめデザインソフト

デザインソフトにもかなり種類があると思いますが、僕が主に使っているのはCanvaPhotoshopですね。

この二つを大まかに説明するならこんな感じでしょうか。

キャプチャ252

Canvaは個人的にもかなり気に入っていて、たくさんのテンプレートがあるのでデザインの知識がほとんど無い初心者でもプロがデザインしたような作品が作れちゃいます。

一方のPhotoshopですが、デザインソフトとしては超有名で機能も非常に豊富なので作ろうと思えば何でもデザイン出来ちゃいます。

かなり洗練されていて、使っていてかなり楽しいです。

ちなみにさっきの「CAT STYLE」という壁紙もPhotoshopで作ってます。

Photoshopはアマゾンでも購入できるので、実は簡単に使えてしまうんですよね。

デザインの勉強に使った本

基本的にデザインの勉強は本で独学なんですが、ノンデザイナーズ・デザインブックという本がかなり綺麗にまとまっていて気に入ってます。

名前の通り、デザインをやったことがない人のためのデザインの教科書です。

デザインって何となくセンスとか感覚で、得意不得意が決まってしまいそうに思いがちですよね。

しかしこの本を読むとわかるのですが、デザインには実は法則があるんです。

しかもたった4つ。

デザインはセンスや感覚ではない、ということですね。

どういう考え方でデザインをしていけばいいかということが、デザインをしたことが無い人にも分かりやすいようにたくさんの例を使いながら説明されてます。

さいごに

デザインってかなり応用範囲が広いので興味があったらぜひ学んでみると良いと思います。

勉強した知識を使いながら自分だけの作品を作るのって結構楽しいもんですよ!

僕もこれから少しずつデザインの勉強を進めていけたらなと思ってます。

ではでは!