クリスマスギフトは決まった? おすすめギフトはこちら

F1観戦に耳栓は必要?F1オタクが徹底解説するよ!

こんにちは!F1オタクのしゃるです。

毎年鈴鹿サーキットにF1観戦に行く僕ですが、よくこんな疑問を耳にします。

F1観戦に耳栓は必要なの?かなりエンジン音が大きいみたいだけど、、

F1観戦に行ったことが無い方ならこのような疑問を感じる方も多いはず。

今回は毎年F1観戦に行っている僕が耳栓の必要性について徹底解説。

しゃる

ぜひF1観戦の準備に役立ててね!

F1マシンのエンジン音は段々小さくなっている

まず皆さんに知っておいてほしいんですが、実はF1マシンのエンジン音ってどんどん小さくなっているんです。

これはエンジンの規格が変わってきていることが原因。

昔はV型12気筒やV型10気筒エンジンを使っていたので、甲高く鼓膜を揺らすような音が特徴でした。

この頃の音は本当に大きく、マシンが1台目の前を通り過ぎただけでもかなりの迫力で、レースともなれば20台近くのマシンが一気にコースを走るので本当に鼓膜が破れそうになるんですよね。(笑)

しかし近年になってエンジンの規格が変わり、気筒数がどんどん減って今ではV型6気筒エンジンを使っており、エネルギー回生システムも備えています。

これが原因となってF1マシンのエンジン音は低く、小さいものへと変化。

生で聞いていても以前のような”耳をつんざく音”ではなくなったわけですね。

なので僕自身耳栓は必要ないと思います。

まぁエンジン音を生で聞くのもF1観戦の大きな醍醐味なので耳栓を使いたくないというのもありますが、”耳をつんざく音”ではなくなったのでそこまで心配する必要は無いのかなと。

しかし子供連れは注意が必要

音が以前に比べ小さくなったとは言いつつも、やはりF1マシンのエンジン音は大きな音です。

大人なら耐えられる大きさの音でも、小さいお子さんはビックリしてしまうかもしれません。

また、成長期ということもあるのであまり強い刺激は耳に与えたくないですよね。

そんな方は耳栓やイヤーマフを持っていくと安心です。

実際小さいお子さんがイヤーマフをしている姿もよく見かけるので、イヤーマフを付けることは珍しいことでは無いですし、念のため買っておいても良いのかなと。

結論:大人は大丈夫だけど子供連れは持っておくと安心!

年々小さくなっているF1マシンのエンジン音ですが、やはり生で聞くとその大きさには驚きます。

大人なら耐えられるくらいの大きさではあると思いますが、子どもだとうるさく感じてしまうかもしれません。

そんな時のために一応イヤーマフや耳栓を持っておくとかなり安心ですね。

年に1度のF1日本グランプリ。

準備万端で目一杯楽しんじゃいましょう!

これで完璧!F1日本GP観戦ガイド!持ち物や雨対策、楽しみ方など