クリスマスギフトは決まった? おすすめギフトはこちら

【F1】レッドブルとホンダが組むメリットを考えてみた

F1ファンのしゃるです!

2018年6月19日にホンダが2019年シーズンからレッドブルにパワーユニットを供給することを発表しましたね。

以前からホンダとレッドブルが組むことは噂されていましたが、それがついに正式なものとして発表されたことになります。

このニュースは日本のみならず海外でも大きく取り上げられていますね。

日本のF1ファンにとっても嬉しいニュースです。

F1が大好きな僕もこのニュースには胸躍らせましたが、少し気になった点が。

しゃる

レッドブルとホンダが組むメリットってなんだろう??

僕は単純にホンダの活躍の場が広がるだけとは考えていなくて、レッドブルと組むことによってホンダにとっても、日本のモータースポーツ界にとっても大きなメリットがあると考えてます。

レッドブル・ホンダ誕生によるメリット

今までレッドブルはパワーユニット(以下PU)をルノーから供給してもらっていました。

ただ、レッドブルがルノーに対して不満を持っていたのも事実。

フェラーリやメルセデスのPUに対してパフォーマンスが足りないだけでなく、信頼性に関しても納得がいっていなかった。

自分たちの期待に応えてくれないルノーとの関係は次第に悪化。

3強チームの一角として優勝争いをしていく中でこれ以上ルノーと険悪な関係のまま戦っていくのは無理だと判断したのでしょう。

それに対し、今期レッドブルの親子分であるトロロッソと組んでいるホンダは順調にPUの性能を伸ばしてきています。

信頼性の問題も徐々に無くなり、パワーに関しても他のチームと十分戦えるように。

レッドブルとしてもそんな伸びしろのあるホンダに期待して今回の決断に至ったはずです。

なのでレッドブルがホンダを選んだのにも頷けます。

では、ホンダとレッドブルが組むことによってどのようなメリットが生まれるのか?

僕が考えるメリットはこの5つ。

  1. ワークス体制の確立
  2. PU開発のためのデータ収集量が2倍に
  3. 日本のモータースポーツ文化を盛り上げてくれる
  4. 日本人F1ドライバー誕生への足掛かりになる
  5. ホンダの技術力を証明できるチャンス

メリット① ワークス体制の確立

レッドブルとしては今までルノーからPUを供給してもらい、それに合わせて車体設計をするという形をとっていました。

しかし、それだと既に出来上がったPUの形状に合わせて車体を設計しなければならず、設計の自由度が制限されてしまいます。

なので「本当はこのように設計した方が空力的にも車体のバランス的にもメリットがあるのに、、」という状況も起こりうるわけですよね。

一方ホンダと組めば、ホンダはレッドブルとトロロッソのためにPUを作ってくれることになります。

いわゆるワークス体制です。

こうすることで空力設計の観点からホンダ側がPU設計を調整することも出来るし、逆にPU設計の観点からレッドブルが車体設計の調整を加えることもできます。

つまり設計の自由度が大きくなるんですよね。

今までよりも自由に、自分たちの思い通りに設計を進めることが出来るわけです。

ただでさえレギュレーションでマシン設計の自由度が少ない中で、ワークス体制によって設計の自由度を広げることが出来るのはレッドブルにとって大きなメリットなのかなと。

メリット② PU開発のためのデータ収集量が2倍に

2018年はトロロッソに対してPUを提供しているわけですが、1つのチームからは当然2台しか走ることが出来ません。

なのでPU開発をしていくうえではこの2台のマシンから得られるデータを元に進めていくことになります。

ただ、開発をしていくうえでデータを豊富に収集できるに越したことはありません。

もちろんシュミレーション等を用いて開発は行っていくと思いますが、やはり実際にマシンを走らせて得られる生のデータはPUを開発していくうえでとても重要なものになるはずです。

つまり2台のマシンよりは4台のマシンからより多くのデータを収集できた方が開発の上で有利ということ。

そしてレッドブルと組むことによってそれが可能になります。

現在順調にPUの性能は改善されていっていますが、今回のレッドブルとのタッグによってPU開発の上でより大きな進歩が期待できるはず。

これから2019年、2020年にかけてレッドブル・ホンダがどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか非常に楽しみです。

メリット③ 日本のモータースポーツ文化を盛り上げてくれる

僕が子供のころは夜中に地上波でF1が放送されており、次の日が学校だろうとお構いなく週末には眠いのを我慢してF1を見ていたものです。

しかしそれも今は昔の話。

残念ながら今の日本ではF1の話題がテレビで取り上げられることはほとんどありません。

現在はF1を見るためには有料放送に登録するしかなく、誰でも気軽にF1が楽しめるとは言い難い状況なんですよね。

そして、日本のF1人気も徐々に減少しており、毎年三重県鈴鹿サーキットで行われる日本GPの観客数は徐々に減り続けています。

この危機的状況を変えてくれるのがレッドブルホンダであり、トロロッソホンダなのかなと。

3強チームの一角であるレッドブルがホンダのPUを積んで活躍してくたとしたらどうでしょうか?

きっと多くの人がレッドブルホンダに注目し、ホンダの活躍を応援してくれるはずです。

そしてF1への関心も集まる。

「今年は鈴鹿にホンダの活躍を見に行ってみようかな?」という気にもなるはずです。

佐藤琢磨のインディ500優勝やトヨタのルマン24時間優勝に続いて、ホンダが日本のF1人気、そしてモータースポーツ文化を盛り上げてくれると信じています。

メリット④ 日本人F1ドライバー誕生への足掛かりになる

現在のF1には残念ながら日本人ドライバーはいない状況です。

F2やスーパーフォーミュラで活躍している日本人はたくさんいるのですが、やはりF1への壁は大きく小林可夢偉選手以降日本人F1ドライバーは誕生していません。

これは日本のF1ファンにとっても寂しい状況。

仮に並外れたドライビングスキルを持っていたとしても、F1に行くには運も必要でチームとコネクションを取るということも重要になってきます。

そのような状況で今回のレッドブルホンダの誕生は日本人のF1への足掛かりになるのではないかと考えています。

ご存知のようにレッドブルはDr.ヘルムート・マルコが責任者を務めるレーシングドライバー育成組織を有しています。

これまでにはセバスチャン・ベッテルやマックス・フェルスタッペンなどの数多くのトップドライバーを輩出してきました。

そんなレッドブルとコネクションが生まれるということは日本人ドライバーにとってもかなりチャンス。

例えば、ホンダ育成ドライバー⇒レッドブル育成ドライバー⇒トロロッソホンダからF1デビューというような経路も十分考えられます。

日本人ドライバーが実力をアピールできる場が今よりも広がることになればF1への可能性も広がります。

そしてもし、日本人F1ドライバー誕生すれば先ほど示したような日本のモータースポーツ文化を盛り上げることに一役買ってくれるはずです。

今後日本人ドライバーがどのようなキャリアを積んでいってくれるかには注目していきたいですね。

メリット⑤ ホンダの技術力を証明できるチャンス

2014年からマクラーレンホンダとしてF1に参戦してきましたが、結果は芳しいものではありませんでした。

信頼性・パワーともに他のサプライヤーに遅れをとり、非常に厳しいシーズンを過ごしてきました。

結果的にマクラーレンホンダはいい結果を残せないまま2017年に袂を分かつことに。

その後は心機一転トロロッソホンダとしてシーズンを戦うことになり、今に至ります。

ではトロロッソホンダとしてのPUのパフォーマンスはどうでしょうか?

冬のバルセロナテストではほぼトラブルフリー。

レースでも、サーキットによって差はあるにせよパフォーマンスは確実に向上しているのは見て取れます。

特にバーレーンGPでのピエール・ガスリーの決勝4位という結果は今後のシーズンを戦っていくうえでも非常に心強いものでした。

一方のマクラーレンですが、レースを見てもストレートスピードが遅いのは相変わらず。

しゃる

やはりドラッグの多い車体設計をしているのでは、、?信頼性もパワーもホンダというよりマクラーレン側に原因があるような、、

車体設計の段階でPUのスペースを十分に確保できていなかったり、ダウンフォースを重視し過ぎた結果ドラッグが多いマシンになっていたり、、。

マクラーレンホンダ時代はかなり開発の上で制約を受け、本来のホンダのPUの実力を引き出せてなかったのではないかと思うのです。

実際はもっと高い技術力をホンダは有しているはずなんですよね。

現にトロロッソにスイッチしてからは確実に進歩していっていますから。

トロロッソホンダ、そしてレッドブルホンダ時代に突入した今、本来のホンダの技術力をもう一度世界に証明できるはず。

今後のトロロッソ・レッドブルの活躍に期待です。

鈴鹿でトロロッソホンダ・レッドブルホンダを応援しよう!

マクラーレンホンダ時代を経て、ホンダは新たな時代に突入しました。

そして今年は鈴鹿サーキットでF1が開催されてちょうど30周年。

学生が破格の値段でチケットを購入出来たり、プラスチック製で特別なデザインの「アニバーサリーチケット」が発券されたり、たくさんの豪華なゲストをサーキットにお招きしたりとイベントや新たな試みが盛りだくさん。

もちろんホンダ応援席も設置されます。

鈴鹿サーキットの今年にかける思いはヤバいです。

最近はF1を見なくなってしまったあなたも、もう一度ホンダを応援してみませんか?

きっとあなたの予想を大きく上回るワクワクドキドキが今年のF1日本GPには秘められているはず!!

この記事を読んで一人でも多くの方がF1に関心を持ってくれれば僕は嬉しいです。