大学生の有意義な暇つぶし方法まとめ

ファン歴11年の俺に斉藤和義のおすすめアルバムを紹介させてくれ

どうも、斉藤和義さんの大ファンのしゃるです!

斉藤和義さんのファンになって早11年。

しゃる

みんなにもっと斉藤和義さんの良さを知ってほしい!

ということで勝手におすすめアルバムをご紹介。

昔のものから新しいもの、コアなものまで僕が特におすすめしたいアルバムを紹介していきます。

個人的おすすめ収録曲もピックアップしていくのでそちらも参考にしてみてください!

今回ご紹介するのはこれらのアルバム

  • 歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007
  • 風邪の果てまで
  • 斉藤”弾き語り”和義ライブツアー2009≫2010「十二月in大阪城ホール~月が昇れば弾き語る~」
  • 青春ブルース
  • 45STONES
  • Kazuyoshi Saito 20th Anniversary Live 1993-2013  “20<21″~これからもヨロチクビ~ at 神戸ワールド記念ホール2013.8.25
  • Golden Delicious

 

スポンサードリンク

歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007

まず聞いてほしいのがこちらのアルバム!

斉藤和義さんのデビュー15周年を記念して出されたシングルベスト。

デビュー曲の「僕の見たビートルズはテレビの中」から、「歩いて帰ろう」や「歌うたいのバラッド」「ウエディングソング」などのヒット曲まで、幅広く収録されています。

収録曲も38曲と豊富で、大満足の内容ですね。

斉藤和義さんを知るならまずこのアルバムから聞いてみることをおすすめします!

MEMO
おすすめ収録曲

  1. 「歩いて帰ろう」
  2. 「歌うたいのバラッド」
  3. 「ウエディングソング」
  4. 「敗れた傘にくちづけを」
  5. 「真夜中のプール」
  6. 「空に星が綺麗」
  7. 「君の顔が好きだ」
  8. 「虹」

風の果てまで

次に紹介したいのがこちらのアルバム。

2015年にリリースされたもの。

「さよならキャディラック」のようなロックンロールなものから「恋」や「Player」などのしっとりとした曲まで収録されています。

中でも「攻めていこーぜ!」は落ち込んだ時に背中を押してくれる共感できる曲。

辛いことがあっても、きっとあなたに勇気と元気を与えてくれると思いますよ。

MEMO
おすすめ収録曲

  1. 「攻めていこーぜ!」
  2. 「あこがれ」
  3. 「傷口」
  4. 「恋」
  5. 「小さなお願い」

斉藤”弾き語り”和義ライブツアー2009≫2010「十二月in大阪城ホール~月が昇れば弾き語る~」

2009年12月26日の大阪城ホールで行われた弾き語りライブをそのまま収めたアルバム。

弾き語りはバンド演奏とはまた異なる味のある雰囲気で、これも斉藤和義さんの魅力の一つなんですよね。

このアルバムでは、一夜限りの味のある弾き語りを楽しむことができます。

弾き語りは特に斉藤和義さんの魅力をリアルに感じることができると思うんです。

ライブならではのアレンジも聴きどころ!

これを聴いて斉藤和義さんの魅力にどっぷりハマってほしいですね。

MEMO
おすすめ収録曲

  1. 「ドライブ」
  2. 「映画監督」
  3. 「I Love Me」
  4. 「彼女は言った」
  5. 「かすみ草」

青春ブルース

まさにタイトル通りのアルバムになっていると思います。

「男女関係」「恋」「夢」「希望」「挫折」「迷い」そういった青春時代の経験がこのアルバムに収められていると思うんです。

今まさに青春を生きている若者はもちろんのこと、甘酸っぱさや苦さのある青春を経験してきた大人たちにも聴いてほしいアルバムですね。

生々しい歌詞に「リアル」を感じるし、共感と温かさもある。

このアルバムで斉藤和義さんの「リアル」を感じてほしいです。

MEMO
おすすめ収録曲

  1. 「手をつなげば」
  2. 「アメリカ」
  3. 「裸の王様」
  4. 「はぐれ雲」
  5. 「古いラジカセ」

45STONES

2011年にリリースされたアルバム。

「ウサギとカメ」や「猿の惑星」などの政治色の強い歌が収録されています。

しかし物怖じしないそのストレートな歌詞にロックンロールを感じることができるし、何よりもロックンロールこそが斉藤和義さんの魅力そのものだと思うんです。

リアリティの中にも愛を感じるアルバムになっていますね。

MEMO
おすすめ収録曲

  1. 「ウサギとカメ」
  2. 「おとな」
  3. 「僕と彼女とロックンロール」
  4. 「Would you join me?」
  5. 「猿の惑星」

Kazuyoshi Saito 20th Anniversary Live 1993-2013 “20<21″~これからもヨロチクビ~ at 神戸ワールド記念ホール2013.8.25

これは斉藤和義さんがちょうどデビュー20周年を迎え、それを記念したライブの模様を収めたもの。

「歩いて帰ろう」や「やさしくなりたい」、「歌うたいのバラッド」、「ずっと好きだった」などをはじめとしたヒット曲も多数収録されています。

斉藤和義さんの魅力が最高に詰まったアルバムなんです。

このアルバムで斉藤和義のロックンロール、かっこよさ、温かさを感じてほしい。

また、ライブならではの曲のアレンジ、観客との駆け引き、ライブの雰囲気を楽しめる最高の内容になっています。

僕もこのアルバムが大好きですね。

ぜひ聴いてみてください。

MEMO
おすすめ収録曲

  1. カーラジオ
  2. 月光
  3. 俺たちのロックンロール
  4. 愛に来て
  5. やわらかな日
  6. 彼女は言った
  7. 歌うたいのバラッド
  8. 僕の見たビートルズはテレビの中
  9. 空に星が綺麗
  10. 歩いて帰ろう

Golden Delicious

こちらは1998年に発売されたもので、ずいぶん昔のものなんですが今の色褪せぬ名曲がたくさん詰まったアルバムになってるんです。

デビュー曲の「僕の見たビートルズはテレビの中」や大ヒット曲の「歩いて帰ろう」「歌うたいのバラッド」など皆さんも一度は聞いたことがあるであろう曲が入ってます。

なので斉藤和義を初めて聞く、という方には馴染みやすいアルバムだと思うんですよね。

他にも「月影」や「君の顔が好きだ」などのファンの間でも人気の高い曲たちも入っているのでそちらも聴いてほしいという意味でも個のアルバムはお勧めしたいです。

MEMO
おすすめ収録曲

  1. 僕の見たビートルズはテレビの中
  2. 歌うたいのバラッド
  3. 月影
  4. 歩いて帰ろう
  5. 君の顔が好きだ
  6. 何処へ行こう

さいごに

斉藤和義さんのアルバムは他にもたくさんあるんですけど、すべておすすめしたい気持ちを抑え、特におすすめできるものをピックアップしました。

今回紹介したアルバムを聴いて、「斉藤和義いいじゃん!」って思ってくれればうれしいです!

その時はぜひ他のアルバムも聴いてみてください。

ではでは!