クリスマスギフトは決まった? おすすめギフトはこちら

大学の学費の元を取りたいなら図書館の本を読みまくればいい

大学の学費って高いですよねぇ。

国立ならまだしも私立となるとめちゃ高だし、さらに薬学部や医学部ともなると「ひえぇぇぇ!!」って感じです。

私は大学生になって一人暮らしをして初めてお金の大切さと学費の高さを知りました。

しゃる

なんでこんなに高いお金を払わないといけないのだろう。しかもお金は親に出してもらっているから申し訳ない、、

そんなことをずっと思っていました。

しゃる

なんとか学費の元を取れるような方法は無いか、、、

私はふと大学の図書館に行きました。

そして何気なく本を眺めていたんですけど、ある一冊の本に値札が付いていたんです。

その値段を見た時、私は驚愕しました。。

しゃる

3万円!?!?!?

世の中にそんな高い本があるのかと思いましたね。

そして私は思ったんです。

しゃる

大学の図書館で本読みまくれば学費の元取れるんじゃね??

大学にはすごい数の本がある

そんなこんなで大学の図書館に急に興味を持ちだした私は大学の図書館の蔵書数について調べてみました。

するとこんなデータを見つけました。

これは日本の大学図書館ランキングですね。

蔵書数が多い大学順にランク付けがされています。

989f353759bd1c06d314216a443ea80e4
http://www.kaisei-group.co.jp/nyushiblog/university/23864.html

例えばランキング一位の東京大学の図書館には945万冊もの本があるそうです!

二位の京都大学は646万冊。

このランキングで一番下の同志社大学でさえも200万冊を超えているんですね。

大学にこんなにたくさんの本が眠っていたなんて知りませんでした。

とにかく大学にはすごい数の本があることが分かってもらえたと思います。

ではここからはお金の話をしてみましょう。

200万冊の本って金額としていったいいくら分になるんでしょうか?

蔵書数を金額換算してみた

大学の図書館にはとてもたくさんの種類の本がありますよね。

例えば、学術系の本も沢山あるし、洋書もあるし、小説、雑誌、辞書もあります。

小説であれば一冊約700~800円。

学術系の本であれば一冊2000円~4000円ほどでしょうか。

しかし中には一冊3万円もするような本もありますし、もっと高い本もあると思います。

では図書館には金額としていったいいくら分の本があるのか?

今回は簡単のために図書館の本の平均価格を3000円として計算してみましょう。

蔵書数は200万冊で計算してみます。

単純に掛け算して3000×200万=60億

60億!?!?

とんでもない金額ですね、、、

大学の図書館には60億円分の本があるということです。

せっかく大学に通っているのに本を読まないことがもったいなく感じてはきませんか??

一冊3000円の本を借りて月に何冊か読むだけでも学費の元が取れそうな気がしてきます。

何冊読めば元が取れるのか?

ここまで見てくると、大学の本を読むだけで学費の元が取れそうな気がしてきましたね(笑)

では一体何冊読めば学費の元が取れるのでしょうか?

国公立大学の四年間の学費は約250万円ほどと言われています。

私立大学の場合、理系と文系に結構差がありますが、だいたい400万~500万円程です。

図書館の本を一冊3000円として何冊読めば元が取れるか計算すると次のようになります。

国立大学:2500000÷3000=約833冊

私立大学:4000000~5000000÷3000=約1333~1666冊

国立であれば四年間で833冊、私立であれば1333~1666冊の本を読めば元が取れるということになります!

、、、

結構な数の冊数になってしまいました(笑)

しかしこの計算結果は授業料や大学の設備の使用料を含んでいない計算結果なので実際はもっと少ない冊数でも元が取れるはず。

仮に四年間で400冊読んだとしてもかなりの元を取ることはできるのではないでしょうか?

本から得られることはたくさんある

もしすべての元を本で取れないとしても、読めば読むだけ元は取れます。

しかしそれよりも私が言いたいのは、「みんなもっと本を読もう!!」ということ。

大学の図書館では高い学術書も無料で読めるし、お得なのはもちろんですが、本は今まで知らなかったたくさんのことを教えてくれます。

本を読めばそこには新しい発見があるし新しい世界があります。新しい知識も身につきます。

本を読むって楽しいんですよ。

実は僕は大学生になるまで本が大嫌いでしたが、大学生になった今、本が大好きになりました。

本が教えてくれることってたくさんあるんだなって実感したんです。

最近は本を読む大学生がどんどん減ってるけど、私はもっと多くの大学生に図書館を利用してほしいし、本の面白さを知ってほしい。

本を読まない大学生が多すぎる件。読書にはメリットがたくさん!

本を読む最初のきっかけが学費の元を取ることでも私は良いと思います。

それをきっかけに本の面白さを知ってくれればそれでいいと思うんです。

この記事を読んで「本読んでみようかな」って思ってくれればうれしいです。

スマホばっかいじってないでたまには本読んでみるのもいいかもよ!

ではでは!

大学生に読んでほしいおすすめ本15冊徹底まとめ