マイクロマシン・MEMSについて勉強するなら「進化するマイクロマシン」1冊を読めばいいと思う | しゃる日記
大学生の有意義な暇つぶし方法まとめ

マイクロマシン・MEMSについて勉強するなら「進化するマイクロマシン」1冊を読めばいいと思う

こんにちは、機械系大学生のしゃるです!

機械系なら大学でマイクロマシン・MEMSについて勉強している方も多いはず。

実は僕もその1人で参考書を使いながら勉強しているのですが、僕が使っているものの中で「この一冊だけ勉強しておけばマイクロマシンの基礎は完璧なのでは?」と思えるような本に出会いました。

それがこちら。

これがとにかくわかりやすくて読みやすい。

今回はこの本の魅力をたっぷりお伝えします!

マイクロマシンの基礎を学ぶならこれ!

そもそもマイクロマシンについて書いてある本ってあまり多くないんですよね。

僕も何冊か読んできましたが、どれも小難しく書いてあって初学者にはあまり優しくない書き方。

しゃる

もう少しわかりやすくて書いてほしいもんだわ。

しかし、今回僕が紹介する「進化するマイクロマシン」はその中でも一番のわかりやすさ。

「進化するマイクロマシン」の評価
わかりやすさ
(4.0)
読みやすさ
(4.5)
新しさ
(3.0)
総合評価
(4.0)

出版されたのは2004年と少し古めなんですが、マイクロマシンの基礎を理解しておくにはピッタリだと思うんですよね。

この本で学べる内容

この本で学べる内容なのですが、目次としてはこんな感じ。

第1章では「そもそもマイクロマシンってなんなの?」というところをわかりやすく解説。

他の本ではこの部分を軽く流す程度にしか解説していなかったりするので初学者には非常にわかりにくいんですよね。

しゃる

この本では「これから勉強していくマイクロマシンってどういうものなの?」「マクロな機械製品とどのように違うの?」という部分を丁寧に解説してくれているからわかりやすいよ。

第1章の後半では今まで日本や他国がどのようにマイクロマシンを発展させていったのかということが解説されてますが、この部分は読み飛ばすか軽く流すくらいで大丈夫かと。

第2章の前半ではマイクロマシンを作るための基盤技術や加工技術、材料などについて解説。

そして後半ではアクチュエーターや圧力センサー、パワーMEMSなど、具体的なマイクロマシンの事例について解説しています。

大学の試験で問われることって多分この第2章の内容が大半だと思うんですよね。

なので「テスト勉強でこの本を使いたい!」という方は第2章から読んで見るのも良いかも。

第3章ではマイクロマシンよりもさらに小さいナノレベルの技術についてマイクロマシンとの関係性も踏まえながら解説。

そして第4章では応用分野の展望、第5章では産業化への課題という風に進んでいきます。

大学の試験勉強に使うなら第1,2章

おそらく多くの大学生が学びたい内容ってこのような部分だと思うんですよね。

  • マイクロマシンやMEMSがどのようなものなのか知りたい
  • 加工技術などについて知りたい
  • どのような材料を使うのか知りたい
  • マイクロマシンの具体的事例

しゃる

大学の試験でよく問われるようなところだね

例えばフォトリソグラフィやスパッタリングなどの加工方法、シリコン基板やガラス基板、SOI基盤などの材料、アクチュエーターやピエゾ抵抗、圧力センサーなどの事例ってよく問われます。

このような方は第1,2章を読めば良いのかなと。

図も使いながらわかりやすく解説してくれているのできっと試験勉強にも役立つはず。

マイクロマシンが実生活でどのように活用されているかも知れる

いざマイクロマシンを学ぶって言っても、それがどのように活用されているか分からないと勉強していてもあまり面白くないんですよね笑。

そんなときに読んでほしいのが第4章。

この章では医療や健康、エネルギー、情報、交通など幅広い分野でマイクロマシンがどのように使われているかということが紹介されています。

例えば自動車1台にも圧力センサや流量センサ、Gセンサ、タイヤ圧センサ、酸素センサなどたくさんのマイクロマシンの技術が使われているんです。

しゃる

こうやって実生活でマイクロマシンがどのように使われているかわかると面白いよね!

この章を読めばマイクロマシンをより身近に感じられるはず。

この1冊でマイクロマシンの基礎はOK

マイクロマシンってあまり目にすることも無いし、あまりピンと来ないというのが正直なところ。

授業を聞いていてもいまいちよくわからないということも多いのではないでしょうか?

そんなときに頼りになる参考書を1冊手元に置いておきたいところですよね。

今回紹介した本がきっと皆さんの理解の助けになるはず。

興味のある方はぜひ今回紹介した本を参考にしてみてください!