大学生の有意義な暇つぶし方法まとめ

図解することで理解度は格段に上がる

どうも、テスト期間中で追い込まれてるしゃるです。

現在大学で統計学を学んでいるのですが先日こんな面白い記事を見つけました。

参考 マンガで超読みやすい確率統計のオススメ参考書たちロボット・IT雑食日記

しゃる

マンガだけで統計学を学ぶ、、?そんなことできるの!?

統計学にはかなり難しいイメージが定着していたのでタイトルを見て一発で惹かれてしまいました。

ということで実際にこの本を買ってみたんです。

正直初めは半信半疑でした。

難しい統計学をマンガで簡単に理解できるのか、結局よくわからないまま読み終えてしまうのではないか、と読む前は思ってたんですね。

ところがどっこい、これがめちゃくちゃわかりやすいんです!!

マンガがここまでわかりやすいとは正直僕も思ってませんでした。

そのおかげで「もう統計学のテスト勉強しなくていいんじゃないか?」と思えたほど。

このマンガで僕が実感したこと

それは図解することで理解度は格段に上がるということです。

図解することの大切さ

例えば皆さんが学校や会社である二人のプレゼンを聞いているとします。

一人のプレゼンのPowerPointは文字ばかりのもの。

そしてもう一人のプレゼンのPowerPointは図やイラストがたくさん使われているもの。

皆さんはどちらの方が分かりやすいと思いますか??

もちろん後者のほうですよね。

文字ばかりでは読むのに時間がかかってしまうので内容理解までの所要時間が長い。

そして単純にわかりにくい。

一方図やイラストがたくさん使われていれば視覚的に瞬時に内容を理解することができます。

図解することのメリットを下にまとめてみました。
図17
相手に理解してもらうためには図を使って説明することはかなり効果的だということが分かりますね。

図の方が圧倒的に記憶に残りやすい

人間の脳は文字を記憶するより図を記憶することの方が圧倒的に得意なんです。

例えば皆さんが学校で使った英語の教科書を思い出してください。

教科書に書いてある英文はほとんど思い出せないけど教科書に載っていたイラストや表紙のデザインは簡単に思い出せるのではないでしょうか?

それは皆さんの脳に図が印象強く記憶として残されているから。
図19

逆に言えば文字はあまり印象強く記憶に残されません
図18

せっかく図を使って相手にわかりやすく伝えたのだからできるだけ長く覚えててほしいですよね。

図は長く記憶に留まらせる効果も担ってくれているわけです!!

図解は他と差をつけるための効果的手段

学校や会社でのプレゼンで他の人に差を付けたいなら図解は必須です。

もちろんプレゼンだけではありません。

ブログで記事を書くときに図も添えればボリュームのある、印象強い記事になります。

僕はまだブログ初心者ですが、最近の記事ではなるべく図をたくさん使うようにしています。(過去の味気ない記事にも手直しをしていかないと、、、)

冒頭の統計学の本もいい例です。

文字ばかりの難い教科書よりも図やイラストをたくさん盛り込んだマンガの方が圧倒的に理解しやすかったです。(僕の理解力にも問題があるかもしれませんが)

相手に何かを理解してほしい時に図は圧倒的な効果を発揮します。

皆さんも相手に何かを理解してほしい時、ぜひ図を活用してみてください。

きっとわかりやすい説明ができるはずですよ!