大学生の有意義な暇つぶし方法まとめ

収入源を分散!収入源は複数作ってリスク管理しよう

こんにちは、しゃるです。

私は現在、学生アドバイザーとしてのアルバイトをしている傍ら、ブログやWebライターでも収益を得ています。

つまり、複数の収入源をもっているわけですが、これってリスク管理としてとても大切なことだと思うんですよね。

しゃる

一つの収入源に頼りっきりになってしまうと、もしその収入源を絶たれたときに厳しいよね。

収入源を複数持っておけば仮に一つの収入源が絶たれても、収入が0になることは避けられるわけです。

ケース1: 収入源が一つの場合

学生であれば飲食店や本屋さん、日雇いのアルバイトをしている人は多いはず。

アルバイトって基本的に自分が現場に行って働けばお金がもらえるので、身体一つあればお金を稼げるわけですね。

ただ、もし病気をしてしまったり、就活などの個人の都合でアルバイトを辞めないといけないってなってしまった時に収入源が完全に絶たれてしまうんですよね。

これではリス管理が難しい。。。

ケース2:収入源が複数ある場合

一方収入源が複数ある時はどうでしょうか?

仮に何かの都合でアルバイトを辞めないといけないってなっても、他の収入源がお財布にお金を入れてくれます。

このような状況を作ればリスク管理もしやすいですよね。

しゃる

何かの都合でアルバイトを辞めないといけない決心をするときも収入源が完全に断たれるわけじゃないから行動に起こしやすいよね。

収入源を複数持つということ

例えば今大学3回生なら就活時期に忙しくなると思うし、大学院に進むなら研究活動が本格化して忙しくなることも十分に予想されます。

ただ、1日は24時間しか無いので、アルバイトにかけられる時間も限られてくるんですよね。

こんな時収入源が複数あればアルバイトを辞めても収入が無くなるリスクは回避できるし、就活や研究にも専念できる。

リスク管理が圧倒的にしやすくなるんですよね。

僕自身もアルバイトの他にWebライターやブログで収入源を分散させてます。

このような状態を忙しくなる前に作っておくことが理想なのかなと。

収入源を複数持つ方法

でも収入源を複数持つってそんなに難しいわけじゃないんですよね。

収入を得る方法って意外にたくさんあるんです。

そして今からでも始められる方法も沢山あります。

今回はその中から一部をご紹介。

ブログ

僕もブログで収益を得ていますが、この方法はすぐにお金を稼ぎたいという人にはお勧めしません。

というのも、ブログって読まれるまでにかなり時間がかかるし、時間をかけたからって必ずしも稼げるとは限らないんですよね。

なので正直即効性は0です。(笑)

ただ、ブログを運営していくうえで身につくスキルも沢山あるので興味のある人は始めてみると良いかも。

1年間ブログを続けてきて得たメリット・学びを10個まとめてみる

ちなみにブログでお金を稼ぐには例えばこのようなサービスを利用します。

ブログで収益を出すためのサービス

クラウドソーシングでWebライターをする

皆さんクラウドソーシングサービスってご存知でしょうか?

これは仕事を依頼したい人と仕事を受注したい人をマッチングさせるサービスなのですが、このサービスを使えば簡単に仕事をゲットすることが可能。

例えばクラウドワークスShinobiライティングなどのクラウドソーシングサービスを使えばネットからすぐにWebライター案件を受注してお仕事をすることができるんです。

登録はネットからすぐに無料で行えるし、ネットからすぐにお仕事を受注することが出来るので場所や時間を選ばないんですよね。

ライター案件も初心者でも書けるような簡単なものはたくさんあるんです。

僕も大学の空きコマの時間にお小遣い稼ぎとして案件をいくつか受注したりしてました。

しゃる

とにかくお手軽に始められるのが特徴だから「今すぐお小遣い稼ぎをしたい!」という人にはおすすめだよ!

Shinobiライティングに登録してみる

クラウドワークス

ココナラでスキルを売る

ココナラというサービスを使えば自分のスキルを売ってお金を稼ぐこともできます。

例えばイラスト描くのが得意なら誰かにイラストを描いたり、英語が得意なら翻訳のお仕事を貰ったり、お悩み相談が得意なら誰かの悩みを聞いたり、と自分の得意をお金に変えることが出来るのがココナラの魅力。

これも今すぐに始められるサービスなのでお手軽ですね。

ココナラ